×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home
三等三角点 増位山
 姫路市街の北側に位置する増位山。 歌が上手な関取のしこ名で記憶に残る山だ。 山頂には厩戸皇子(聖徳太子)が開基した古刹の随願寺があるので、山頂付近まで自動車で行ける。 三等三角点「増位山」は、増位山のピークより少し南、地形図で増位山山頂と表示されている位置の展望台に設置されている。
基準点コード TR35234254701
点名 増位山 (ますいやま)
種別等級 三等三角点
標識番号
標高 259.04m
設置日 1891年(明治24年)5月19日
展望
地形図 姫路−龍野−姫路北部
所在地  兵庫県姫路市白国 増位山国有林
地図・軌跡 GoogleMap & RouteMap
探訪日 2014年3月15日
三角点へのルート
 随願寺の本堂から@実相院墓所前を通るルートA増位山梅林を通るルートで遊歩道に入る。古墳で東尾根ハイキングコースへ進むと三角点のある三角点展望台に達する。(山頂駐車場から約20分)


三角点の周辺
東麓の砥堀駅近くから見た増位山 増位山山頂駐車場にあった案内図 増位山随願寺 本堂
実相院墓所
ここから三角点への遊歩道に向かう
古墳 上の案内図では古墳展望台となっている 三角点のある増位山の山頂
(三角点展望台)
増位山山頂からの展望  右上(南側)が姫路市街  北側に先ほど登った畑山も見える

Home   地域Top   分布図